06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW・奈良観光②

美味しそうなくさ福餅を焼くお店を横目に眺めながら参道を進みます
31名物草餅
長谷寺に到着11時08分、やはりかなりの人で賑わっていました
686年、道明上人が天武天皇の病気治癒を祈願して建立された寺
16長谷寺到着
仁王門
17長谷寺仁王門

登廊(のぼりろう)の階段は399段、その先に本堂が有ります
18登廊1

ぼたんまつり開催中で牡丹が見事
19牡丹と登廊
登廊の両脇に150種7,000本の牡丹が咲き競っています
19の2満開の牡丹

こちらは紫陽花の一種でしょうか?
20白い球紫陽花

21一面の牡丹

途中で一休みのパパさん
今回の旅行では、チップ担当で、疲れ様です
22登廊で一休み

国宝・本堂に到着
徳川三代将軍家光公のご寄進によって慶安三年(1650年)建立
入母屋造の正堂と礼堂からなる双堂(ならびどう)形式で
前面に懸造りの舞台がある大建造物です
左側が礼堂でその南に外舞台、右側にご本尊の十一面観世音菩薩さまです
23本堂到着

礼堂内の様子
24本堂内部
正堂と礼堂の真ん中を通過しながらご本尊さまを拝みます

清水寺の様な外舞台を背に
25本堂回廊より舞台

外舞台からの礼堂
26舞台より本堂

舞台からの五重塔
ここから眺める紅葉は色合いがとても豊かだそうです
「再びの奈良へ」が脳裏を過ぎります
27本堂回廊より五重塔

本長谷寺、長谷寺はここが始まりだそうで
前を歩いていた僧侶が教えてくださいました
28本長谷寺

五重塔、昭和29年戦後日本で初めて建てられた五重塔
昭和の名塔と呼ばれているそうです
29長谷寺の五重塔

30蛇羅尼堂下から本堂
花の御寺といわれ、四季折々の花が季節ごとの表情を醸し出す
桜、紅葉、紫陽花と何時かまた、訪れたいと思えるお寺でした

その後は室生寺に行く前にちょっと寄り道で
大野寺前の磨崖仏を見に
32大野寺魔崖仏2
大野寺前を流れる宇陀川の対岸にある巨大な弥勒磨崖仏
30mの巨岩に刻まれた仏様は11.5mもあるそうです
修行の為に刻まれた磨崖仏、当時の苦労は想像もつかない程だったでしょうね
33大野寺魔崖仏1

この後は室生寺へ、奈良観光③に続く
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

チップ

名前:チップ
出身犬舎:フジアースフィールド
 マ マ  :うららちゃん
お誕生日:H17.5.22 ♂
体  重 :4.2㎏(H23.1.9現在)
好きな事:おもちゃの破壊
      :サッカー
嫌いな物:掃除機、お留守番
性  格 :甘えん坊で人間大好き、犬とっても苦手

プロフィール2

マリン

名前:マリン
出身犬舎:わんらんど
マ マ  :オリーブちゃん
お誕生日:H18.5.6 ♀
体  重 :2.65㎏(H23.1.9現在)
好きな事:家族の顔をペロペロする事
   :パパの膝で寝ること
   :チップのおもちゃを横取りする事
嫌いなもの:よその人や犬
性  格 :怒りんぼ、甘えんぼ

最近の記事

最近のコメント

お気に入りショップ

Bambinoさんのホームページ

bambino

姉が開いている   アロマ整体処 
ろーはぁす いっ歩
いっぽ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お友達ブログ

プレゼント

タカさんから頂いた
バースデーカードです プレゼント1 by タカ
プレゼント2 by タカ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。